2012年09月03日

ふわふわ言葉



今回の担当は木原です。


この仕事では、色々なことを見たり聞いたり、
日々貴重な体験をさせていただいていますicon01


今日は、取材以外では滅多に踏み入れることのない小学校で
始業式の取材でしたicon133
小さな机や椅子、黒板、ランドセルicon12
子どもしか入ることのできない特別な場所に
入れてもらった気分になるのは私だけでしょうか。



始業式では、生徒指導や児童代表の言葉などがあったんですけど、
先生や児童の口から度々聞かれたのが「ふわふわ言葉」
というキーワードでした。




「ふわふわ言葉」は、お互いの気持ちが優しくなるための言葉。
その反対が「ちくちく言葉」だそうです。




自分では相手を傷つけるつもりがなくても、
友達は思った以上に傷ついていることがありますと
先生からのお話がありましたicon26




大人の社会でも「ちくちく言葉」
飛び交っていることが多々あります。
すごく当たり前のことが
実は出来ていないことも・・・icon15




義務教育を終え成人となってかなりの月日がたちます。
今の子どもたちに自分は立派な大人ですと
正直 胸を張って言うことができません。
大人がちゃんとした姿を見せることができなければ
子どもも戸惑ってしまいますよね。



「ふわふわ言葉」、大事です。




始業式の模様は9月3日号のQテレTIMEでご覧下さい。

  

Posted by CSFアナウンサーブログ at 19:16