2013年01月13日

20秒台の壁

三連休の中日となった13日。
大宰府政庁跡で取材中に気になる男性3人を発見。
片手にストップウォッチを持って上空を見上げる姿。

なんと手作り「竹とんぼ」を飛ばしていたのです。


     

皆さんは「国際竹とんぼ協会 太宰府本部」のメンバーで
毎月第二日曜日に朝10時から練習&研究を行っているとのこと。

なぜストップウォッチを持っていたのかというと
実は「竹とんぼ」の全国大会などが毎年あっているため
定期的にみんなで集まってタイムを計ったりして
練習&研究をしているそうです。

全国に竹とんぼ愛好者がいて
自分で作った竹とんぼでどれだけ長い時間飛ばしていられるかを
競っているとのこと。

外での開催なので風や湿気の影響を受ける
厳しい競技だそうですが
あの竹とんぼを10秒以上、
全国上位になると20秒ちかく飛ばしていられるそうな・・・icon103


緻密な計算とこれまで培ってきた知識とカンをフルにいかしての
戦いです。face08





そんな皆さんが作った竹とんぼ 本当によく飛びます。

これは、飛ばした人にしかわからない感動です。

私も体験させていただき感動しました。


しかもicon67初めて竹とんぼを飛ばす人でも絶対失敗しない

そんな手作り竹とんぼをメンバーはいくつも作っているんです。

話を聞くと竹を乾燥させるのに
種類によって2年から4年ほどかかるものもあり
手間もかかっているようですが
みなさん楽しくてしょうがない感じでしたicon194


ちなみに去年全国優勝したメンバーがいらっしゃいました。

あと今回3人の男性達には13日号QテレTIME
タイトルコールしていただきました。

ぜひご覧下さい。
 

以上 今回のブログは 市山でした。



  

Posted by CSFアナウンサーブログ at 15:00