2013年03月11日

あれから2年

東日本大震災から二年。
私は巨大津波が街に近づいている様子をテレビで見ていました。

街に津波が到達するまでの間、なんとも言えない気持ちになり
とにかく大きな不安にかられたことを覚えています。

目に飛び込んでくる映像が現実なのか分からなくなるほど。

上空からの映像は人も家も何もかも小さく見えました。

日本人の災害に対する考えを一気に変えた出来事だったと思います。

当たり前だと思っていたことが実は当たり前じゃないということ。

日本全体に早く暖かい春がきますように、そう願わずにはいられません。

2年目の3.11は上を向いて歩きたくなるようなこんな青空でした。





担当 市山  

Posted by CSFアナウンサーブログ at 18:05