2012年10月24日

夢中になれるもの

昨日は展示会を2つ取材してきましたicon63icon12

まずは、大野城市のカフェ&ギャラリーレ・グラン
10月27日まで開催中
「コミュニケーション・アート オリジナルカレンダー原画展」
障がいのある人たちが描いた
カレンダーの原画が並んでいましたicon97

夢中になれるもの

驚かされるのが、ゆたかな色彩icon67
私の場合は「上手く描こう!」としがちですが
展示されている絵は
どの絵も素直な気持ちで筆を走らせてあって
パワーが伝わってきましたicon21


もう一つは、太宰府市のいきいき情報センター
11月4日まで開催中「鬼瓦写真展」
鬼瓦を写真に撮るのが趣味という男性によるものですicon207

今までまじまじと鬼瓦を見たことはなかったんですが
お話を聞いてみると、とても奥が深い
新しい視点が生まれる写真展ですicon119


どちらの展示会でもそうですが
何かに熱中している人って素敵ですよねface05

私は欲張りなのでいろいろやってみたくなるんですが
小さい頃から趣味のビーズ細工に
久しぶりに没頭したくなりましたicon57


ご紹介した「鬼瓦写真展」については
本日24日号のQテレTIMEをご覧ください

以上、今回の担当は吐合でしたicon187icon64






Posted by CSFアナウンサーブログ at 18:39