2020年02月22日

ワクワクの種

どーもー 市山です。

コンサートや舞台などの鑑賞は
ホントわくわくしますね。

この気持ち
いつ頃から抱き始めたものだろうか?
私の場合 小学3年生です。

学習発表会で
先生オリジナル脚本を
クラスメイトみんなで演じたのが
きっかけでした。


それまで
もともとシナリオを先生が選んで
みんなで披露する学習発表会しか
知らなかった私にとって
衝撃でした。

その先生は、何度も教員試験に落ちて
やっと30歳で先生になったという男性教員。

先生になりたくてしょうがなかった!
と言っていた先生は
いつもワクワクをくれる存在でした。

その当時に撒かれた"ワクワクの種"は
私の今の原動力として花開いています

足元が照らされて
その先にはもうワクワクしかないみたいな感じ。

ワクワクの種

実は、
そんな風に見える中学生たちを
今 取材中です。

春日中学校3年生。

本番は卒業式

歌好きな3年生たちに撒いた
先生の"ワクワクの種"
最高ですicon194

思春期真っ盛り
中学生達のアオハル
たっぷりとお届けしますよ。

★3月13日(金)号『2755』ご覧ください★


Posted by CSFアナウンサーブログ at 12:06