2015年08月12日

戦後70年

戦後70年というフレーズをよく耳にします。

新聞やテレビなどでもよく特集が組まれ
様々な視点から戦後70年をとりあげていますね。

戦争を体験し、悲惨な現場を目の当たりした戦争体験者が
今、命ある間にと
思い出したくもない戦争体験を伝えて下さっています。

年を重ねるたびに私は
70年戦争をせずに平和な日本があるのは
二度と戦争をしてはいけないという
体験者たちの強い思いがあったからこそなんだと
感謝の思いが強くなっています。

そしてきちんと自分自身も過去の戦争について
学ばなければならないと思うようになりました。

皆さんはいかがですか?

今日はスタジオで上映会のお知らせ収録がありました。

憲法九条の会春日・大野城の皆さんが毎年この時期に
開催している上映会です。

今年は『望郷の鐘』です。
「中国残留孤児の父」と言われた山本慈昭さんの
生涯を生い立ちからたどった物語です。




上映は
と き:8月23日(日)
ところ:春日市にあるクローバーホール

詳しくは
8月18日号のQテレTIME をご覧ください。

担当は市山でした。  

Posted by CSFアナウンサーブログ at 18:57