2013年02月09日

言葉の重み

やはり彼女が語る言葉は心に響いてきました。
飲酒運転の車に高校生だった息子を奪われた山本美也子さんです。
あの事故以来、新聞やニュースなどで何度も見聞きしていましたが、
直接、山本さんの話を聞くのは初めてのことでした。


粕屋町で2月9日に行われた町民集会。
山本さんは飲酒運転がどれだけ人を不幸にするかを説き、
思いやりの心をもった運転を呼びかけていました。
飲酒運転を断罪するような強い口調ではなく、
やさしく語りかける姿が印象的でした。


山本さん宅には毎日のように、
息子の同級生が訪ねてくるそうです。
就職が決まったとか、進学が決まったとか報告してくれるその姿に、
息子の姿を重ね合わせて『生きていれば・・・』と思うそうです。


僕も、もうすぐ2歳になる息子を持つ親。
息子を理不尽に奪われた山本さんの胸の内は、
察するに余りあるものがあります。


事故から丸2年経ちました。
飲酒事故の件数は減っていますが、
飲酒運転で検挙される人は増えています。
毎日のように飲酒運転が繰り返されているのです。
訴え続けてもなくならない現状に、
山本さんはこの日一番悲しい顔をしていました。


飲酒運転をなくすことは無理なのでしょうか。

コバ



Posted by CSFアナウンサールーム at 22:00