2018年08月07日

復興花が盛り。



夾竹桃の花

8月6日 
義父から広島復興の花が
届きました。

原爆で被災した広島市で 
焦土にいち早く咲いた花
夾竹桃(キョウチクトウ)です。

市民に復興への希望を与えた花として
昭和48年広島市の花に選定されました。

夾竹桃を見つけたら
少し思い出してみてください。

そしてこの時期
夾竹桃と似ている花が咲いています。
百日紅(サルスベリ)


炎天の 地上に花あり 百日紅 (高浜虚子)

百日間 紅い花を咲かせるので百日紅
という名前なんだとか・・・。

夏の花を愛でながら 
秋の足音を待ちわびる立秋。

文責:市山かおり 



Posted by CSFアナウンサーブログ at 14:46