2018年02月13日

きょうの取材

コバです。
きょうは大野城市で開かれた防災講演会の取材でした。

東日本大震災の被災地・岩手県釜石市の元防災課長が当時を振り返り、
命を守るためには何をすべきか伝えました。



昔から津波に見舞われた釜石市は、防災行政に力を入れていました。
他に比べて住民の防災意識も高かったはずですが、
それでも死者・行方不明者は1000人を越えました。

元課長が繰り返し訴えたのは、
万が一に対する心構えをしておくこと、危機意識を持つことが大事だということ。
その意識があるかないかは初動に違いが出てくるといいます。
すぐに避難行動に移せるか、自分だけは大丈夫だろうと思うかです。

来月で東日本大震災発生から丸7年。
犠牲者を悼みながら、防災について改めて考える日にしたいと思います。

この講演会の放送は13日火曜日号の2755です。




Posted by CSFアナウンサールーム at 15:40