2017年07月25日

夏のドラマ

今回の話題も夏の甲子園を目指す高校球児についてです。

今年は中継班に参加し、5回戦計8試合を球場で見てきました。
乱打戦に投手戦、サヨナラ勝ちもありましたね。

中継をしておきながらこう書くのも何なのですが、
現場にはテレビで伝えきれないドラマがたくさんあります。
勝って喜ぶ選手がいる一方で、負けて泣き崩れる選手もいます。
試合に敗れた3年生が後輩たちに来年の勝利を託す場面や、
監督から選手たちへのねぎらいの言葉など。
試合後の応援スタンドのエール交換も見ていて熱くなるものがあります。

きょう25日でベスト4がでそろいました。
大会は一日休んで27日が準決勝、翌28日が決勝戦です。
ぜび球場に足を運んで、球児たちのドラマを感じてみてください。

準決勝については121chで録画放送します。
球場に行けない方はこちらで試合をお楽しみください。

コバでした。



Posted by CSFアナウンサールーム at 19:02