2017年11月07日

ムクロジ

先日、太宰府市文化ふれあい館の「秋の里山を歩く」という
イベントを取材しました。

福岡県の動植物の調査、研究に携わっている方の話を聞きながら
太宰府市の市民の森まで歩くというものだったのですが、
興味深い話がたくさん聞けて楽しかったです。

その中で、印象に残ったのが「ムクロジ」という植物。




こちらが、その実になるのですが、
ここで、問題です。
この実、昔何に使われていたでしょうか?

答えは、洗剤だそうです。
実の皮は水の中で揉めば泡が立つため、
昔、洗剤として使われていたそうです。
因みに、今でも、インドの一部などでは、
ムクロジの仲間の実を天然洗剤として使っているそうですよ。

ビックリですね。
大宰府政庁跡にもムクロジの木はありますので
近くにお出掛けの際には見つけて見てはいかがでしょうか?

今回は、ムクロジの実に泡くった話でした。


Kohichi  


Posted by CSFアナウンサールーム at 10:31